マスクをしていても風邪はひく

コロナ対策

マスクをすることは大事

 

私は、マスクを推奨しています。みんなが付けていなくても、自分が付けていることで、人にうつすことを防げます。

マスクをしていても人からはもらいます。そして、今では風邪を引くと、不安な気持ちになりますよね。もしかしたら?コロナかも。。

私はふだん風邪っぽくなったら、すぐ薬を飲んで、ひく前に先に直すという、(熱を出さないようにしていました)ここ最近(コロナが流行りだしてから)は逆に熱を出して、身体に戦ってもらいます。勘違いしないでくださいね、ちょっとでも風邪気味でしたら、お店を休んでしっかり治します。

そしてコロナ検査に行きます。美容師はエッセンシャルな職業ですので、コロナ検査は定期的にする必要があると思います。(今はちょっとでも風邪の症状があれば検査をすることが出来ます!!自分も周りにも安心出来ます。)

平熱でも37°の人もいます。最近読んだ本では37°を保つことで健康な体を保つみたいな説さえあります。ちょっとした熱ぐらいなら海に行って治すみたいな頃もありましたが、熱が出ている時は、辛いですが、体温が37度くらいになると、今まで痛かった筋肉痛やら、鼻詰まりやらが一斉に飛び出してきて、とてもだるくなりますが、時間と共に、(体が熱くなるので、筋肉痛も緩和し、鼻詰まりも治り、胃腸まで調子良くなります。(これはあくまでも自分の経験上の考えですので)

人間の身体は温める事が大事です。風邪をひくと、お腹が痛くなることもあります、腸が冷えるからです。お腹を温めていれば風邪も引きにくくなります。

喉がよわい人、(私も弱いです)風邪の(熱が出る)原因は喉からきます。対処法は、いつも喉を潤わす、飴をなめる、寝る前にマスクをする、首回りの筋肉の緊張をほぐす、喉を休める時間をつくる、うがいをする。

これって、歌手とかがやってる喉を守る方法と同じですね! あまり喋らない(喉を休ませる^^)

私等美容師は最善の注意を払って健康に気を付けていますが、是非、皆様も今一度、健康管理を見直してみてはいかがでしょうか。