髪のことをもっと知ろう

ユキヒロ公式ブログ

髪の毛の成長サイクル

 

おでこの生え際の産毛が増えてきたような?以前は気にならなかったのに、そんな心配する人も多いと思います。

もともとしっかりした毛が産毛になってきたということは、極端に成長期の期間が短く、後退期や休止期でストップしている状態です。

髪のサイクルは26年の成長期、約2週間の後退期、34カ月の休止期があります。

成長の過程で何らかの原因で条件が揃ってないからです。

しかし、産毛があるということは毛乳頭がまだ生きている状態です。

(毛乳頭の役割は、毛細血管から栄養を取り込んで髪の毛を成長させます。)

産毛を成長、促進させるには、生活習慣改善はもちろん必要です、しかしゆっくり休んでばかりはいられない世の中、

絶対効果があるって言うことはできませんが、私自身で実践してみてわかったことは、良いと言われたことをきちっとやる。

1,しっかり洗浄する。

2,栄養、身体にも、髪にも良いものを与える(摂る)

3、栄養エッセンスを塗る。多少の刺激 ブラシでパッティング、電気の刺激を与えるなども効果が期待できます。

 

薄毛抜け毛の予防法

 

成長促進する方法をいくつかお知らせします。

普通に洗ってもこれは難しい、頭皮のマッサージを含め、毛穴を埋めてい汚れ等をしっかり取り除いてあげる。

髪が薄くなる環境を作ってる可能性があります。毛穴が詰まってる(皮脂等で)血行が悪い、シャンプーが残ってるなどなど。

頭皮という土台うが整うまでは念入りに洗ってあげることが大事です。

毛穴の詰まりをしっかり分離するするにはただシャンプーしても効果はありません。

天然素材で髪に良いと言われる成分が入ってる(例えばアロエとか)シャンプを仕様、

ササッと洗うのでなく、揉み込むように洗い、数分泡をそこにおいておく感じで!

その後すすぐ(この際成分が残っていても大丈夫なシャンプーがお勧め。オーガニック系?)

栄養を取り、良質の睡眠を心がける。枕もいつも清潔に!

産毛は細く、短く、色が薄いので、生えてるように見えないので太く濃く、長く成長するために

栄養エッセンスを与える。

そして刺激も大事。ブラッシでパッティング、頭皮を電気刺激で活性化するなど。

ボリュームがなくなった髪にパーマを巻くのもボリュームを出す方法です。

とっておきの荒療法

 

パーマ液は頭皮に悪いのでは?たしかに回数を多くやることは頭皮、髪へ悪い影響もありますが、

時々パーマを掛けることで、頭皮の皮脂等を取り除く(荒療法ですかね。)と言うことも。

最後に、髪に言い聞かせてあげてください、いい感じで伸びてきたね!って。